HOME > 桃花亭のこだわり | 桃花亭と小原工芸和紙との出会い

桃花亭と小原工芸和紙との出会い

桃のお菓子屋さん「桃花亭」の包装紙は、
小原工芸和紙作家の春日井範之先生にお願いしました。

 桃花亭の包装紙をご覧頂いたことがございますでしょうか。 手前味噌になりますが、柔らかく色が重なり合った独特の雰囲気のある美しいものです。   この包装紙の原画は、桃花亭のある小牧からほど近い小原村(現在は合併して豊田市)の和紙工芸作家である春日井 範之氏に描いて頂きました。

桃の実の包装紙
桃の実の包装紙 拡大1

↑クリックで拡大

桃の実の包装紙 拡大2

↑クリックで拡大

桃の花の包装紙
桃の花の包装紙 拡大1

↑クリックで拡大

桃の花の包装紙 拡大2

↑クリックで拡大

桃の実、桃の花小牧篠岡をイメージして

 上の2点の作品は、小牧篠岡の桃を描いた春日井範之先生の作品です。  右の小さな画像をクリックして、拡大の画面をご覧ください。重なり合った和紙の繊維が、空気の層や空間の奥行きを感じさせ、小牧篠岡の桃畑をみごとに描き出しています。春日井先生ならではの、柔らかく温かな画面 から、果実の実り、花や黒々とした幹の生命の美しさへの、心からの賛美が感じられます。 (ほんの一部の感想ですが。)ぜひ、「桃の館」で実際にご覧ください。

桃花亭と小原工芸和紙との出会い

 桃花亭をオープンして4~5年たったころ、小原村にある「小原和紙工芸」を、弊社の社長が訪ねたのが、小原工芸和紙との最初の出会いでした。当時は小原和紙を制作する家は9件のほどで、真摯な制作活動を続けていらっしゃいました。
 社長は、中でも鉄線を描いた工芸和紙に魅かれました。 この作品の作家が春日井 範之先生でした。
 桃花亭は里山の実りをテーマにお菓子を作っています。昔、農家の家々の裏には、本格的な山が始まるまでの間に、家々で自家消費する果 物や実のなる木々が植えられ、手入れし収穫して、家族に親しまれていました。文字通 り、人々が暮らす「里の山」です。人々は木々や植物に感謝し、慈しみ、育んでいました。
 柿や栗や桃や夏みかん、里山の実りは子供たちのおやつでもありました。
 里山の実りのように、 身近で慈しんで育てられ収穫される安心できる素材を使って、子供たちにほんとうの美味しさを伝えたい。社長が里山にこだわったのは、それが理由でした。
 植物を主題に制作を続ける春日井先生の考えに共感し、社長は春日井先生の作品を求めました。
 後に、ペッシュアール(小牧本店)リニューアルを機に、春日井先生に包装紙の原画をお願いし、桃花亭のイメージ(里山のイメージ)にぴったりの作品を作っていただきました。

和紙工芸作家・春日井範之先生について

和紙工芸作家・春日井範之先生は、1948年(昭和23年)愛知県小原村のお生まれ。
多摩美術大学日本画家を卒業後、和紙工芸の道に進まれました。
現在は、豊田市に『春日井範之工房』をひらかれています。

春日井範之  画歴
1970年多摩美術大学日本画科卒(加山又造教室)
1971年日本現代工芸展初入選 以降6回連続入選
1972年光風会展 初入選
1973年光風会展 光風奨励賞受賞
1974年日展初入選 以降12回入選
1975年光風会展 激励賞受賞 会友推挙
1977年日本現代工芸展 現代工芸賞受賞
1978年日本新工芸作家連盟会員
1984年日展会友推挙
1989年名古屋三越にて個展(16回)
1998年東海テレビ墨への挑戦 準大賞受賞
2005年「愛・地球博」 和紙ドーム共同製作

春日井範之工房

住所:〒470-0562 豊田市永太郎町常寒242
TEL:0565-65-3386
FAX:0565-65-3386